これだけはおさえておきたい誹謗中傷対策

SNSのようなネットメディアの発達により、誹謗中傷は誰しも遭遇するものとなりました。そんな時代において、いざ渦中の人となってしまった時の対策というのは、誰しもが持っておく必要があるでしょう。ネット上の誹謗中傷の対策としてはどのような手段を取るべきでしょうか。具体的な対策として、名誉棄損が考えられます。名誉棄損というと真っ赤な嘘を言いふらしているというイメージがありますが、例え事実だとしても、言われた人の社会的信用を低下させることを「公然」と言いふらしたら名誉棄損になります。この対策では相手側から罰金などを得ることができますが、それだけで解決する問題でないので、中傷の元となった記事や書き込みの削除をきっちりとしてもらうことは忘れないようにしましょう。

名誉棄損にならない場合はあるのか

一言でいえば、必要性があれば名誉棄損にはなりません。必要性とは「公益性」と「公共の利害」があり、なおかつその内容が真実である場合です。政治家の汚職や、企業のスキャンダルのような追及することが、社会全体の利益になるようなものはすぐに名誉棄損だといってしまってはいけないわけです。もちろんその内容が事実ではなく、まったくのデタラメなら名誉棄損になります。一般的な個人においてはこの「公益性」と「公共の利害」があると認められることはまずないといってよいでしょう。その為たとえ中傷の内容が事実であり、やや後ろめたく感じることがあったとしても名誉棄損という手段を取ることに問題はありません。事実だからといってありのまま中傷を受け続けることはせず、なるべくきっちりとした対応をすることを意識しましょう。

web上の情報の削除をどうやっておこなうか

匿名系掲示板や特定のサイトなら、当該サイトの管理人に対して直接、削除の依頼をだすのが一番でしょう。SNS系統のネットサービスの場合、個人に対して言ってもよいですがトラブルに発展することも多いため、当該サービスの運営側に依頼をすることも視野にいれるべきでしょう。中傷というのは感情的な側面も強いので、渦中の人物が直接アクセスをすると削除の依頼を代行すると、さらなる中傷の元となることも多く、削除という方法に手が出せない人も多いかもしれません。その場合は、専用の業者や、相談するサービスなどもあるのでそういったものを利用してみるのも一つの手ですが、悪質なものもある為見極めはしっかりおこなう必要があります。どの手段をとるにせよ、しっかり自分が当事者であることを意識したうえで最適な対策をする必要があります。